セフレ探しで好条件の男性に巡りあうために

セフレ探しが流行っていますね。昔のセフレイメージと異なり、一緒にごはんを食べたりお酒を飲んだり、添い寝して、たまにイチャイチャする程度のライトな関係もあるようです。気軽な感覚で探す女性が増えていると思います。

いつの時代も、男性はいくつになっても若い女性が好きで、おしゃべりしたり仲良くなりたいと思うものです。これは女性にはわかりづらいかもしれませんが、男は女性と肉体関係を持ちたいのですが、だんだん年を取り精力が衰えてくると、それがすべてではなくなってきます。それよりも、おしゃべりしたり、ちょっとした自然なボディタッチくらいが一番心地よくなるのです。キャバクラが常に人気なのはそういう事情があるのですね。

セフレ探し

キャバ嬢は枕営業をやっているとか言われますが、皆がやっているわけではありません。そもそも、男は一度セックスしてしまうと、その女には興味が薄れる生き物。ですから、カラダの関係を持ってしまったら終わりだということを水商売の女性はよく把握しています。そう簡単にはやらせてくれません。簡単にHさせてくれるのは経験の浅い新人キャバ嬢か、この人ならセックスしても離れない太客だろうという見込みのある男性の場合だけだと言えるでしょう。

まあ、女性にも性欲はありますから、したくなればしてもいいのですが、一度やってしまうと、安定的な関係が崩れてしまうリスクは知っておいてください。一度エッチしてしまうとそれで終わるか、更にエスカレートした変態的なプレイを求められるようになるかのどちらか。はっきり言いますが、男性の求める変態プレイに対応するのは大変です。精神的にも肉体的にもハードなことが多いですから、そうなると風俗嬢のような生活になってしまうでしょう。風俗嬢を揶揄するわけではありませんが、並大抵の決意でやれるほど甘いものではありませんから。

好条件のセフレ男性を見つける方法 見分け方

さて、好条件のセフレ男性の探し方ですが、まず大事なのは出会いマッチングサイトのプロフィールにて「セフレ探し中」と明記することです。そして相手のプロフィールやメールのやりとりを見て、少しでも違和感のある人はシャットアウトしましょう。ここはかなり厳し目に見て良いです。そこをくぐり抜けてきた男性だけと会うようにすれば、好条件の男性と巡りあう確率はかなり高まりますよ。

現在の日本では未婚者で彼氏、彼女がいないという人は5割を越えているほどいます。「恋人を作ると面倒だからいらない」という人も多いと思いますが、本心は「恋人ができるなら欲しいし、結婚したい」という人が多いのではないでしょうか。しかし、社会人になると職場にいい人がいなければ、なかなか恋人を作ることができません。社会人には社会人ならではの出会い方というものがあります。

社会人になってから出会う方法として一番多いのが「合コン」ではないでしょうか。合コン=肉食系というイメージは過去の話で、現在では定番の出会いの場になっています。しかし、合コンを開催してもらうためには幹事が必要になります。仲間内に率先して幹事をやってくれる人がいればいいのですが、いない場合は、自分で幹事をするしかありません。

合コンがダメなら「習い事や社会人サークルで出会う」というのはどうでしょうか。社会人は学生とは違い、お金に多少融通が利くので、自身のスキルアップのために勉強をしながら、その場で新しい出会いも探していくのもいいでしょう。英会話やゴルフ、料理教室など男女混合でできる習い事ならおすすめです。