母親を大事にする男は結婚相手に向いてるが度が過ぎるとマザコン。その見分け方とは?

母親を大事にする人は、とても良い人だと聞いた事があります。でもそれも度が過ぎると、ただのマザコンになってしまうのです。私が以前付き合っていた男性は、マザコンでした。

デート中にもお母さんから電話がかかってきて、今どこで何をしているかの報告をしていたのです。しかも夕方には帰るから、晩ご飯のメニューまで聞いていたのです。そのメニューがカレーだと聞いて、とても喜んでいた元彼が今でも忘れられません。かなりのマザコンだったのです。
もちろん私だっていつかは母親になるのです。男の子ができたら、大事にされたいと思うのは当然なのです。でもマザコンは嫌です。母親を大事にしてくれても、彼女は別なのです。デート中くらいは、彼女だけの事を考えてほしいものです。

それにできれば長く一緒にいたいのに、晩ご飯も一緒に食べたいのに帰る男性は嫌です。しかも母親の手料理目当てで帰るなんてありえません。
家族を大事にする男性は良い人です。わかっているのですが、いろんな意味での良くするという事なのです。ちゃんと家族の事を考えている人、ちゃんと切り替えのできる人は素敵だなと思っています。
母親でもやたらと息子の事を可愛がる人もいます。息子は恋人だと思っている母親だっているでしょう。でも成人したいい大人を、いつまでもそう思っている母親は怖いです。そんな母親のいる男性は好きにはなれません。それに応えてしまっている元彼が嫌で、私は別れたのです。
母親も大事にしていいです。でもデート中や、私と一緒にいる時は私だけの事を考えてほしいです。第一に私なのです。そして第二に母親だったら、私は我慢できるでしょう。そんな素敵な男性だったら、是非付き合いたいなと思うものなのです。

度が過ぎるマザコンか、母親に優しく結婚に向いている男性かの見分け方は、「私とお母さんとが海で溺れていたら、どちらを先に助けるか?」と聞きましょう。それで母と答えたらマザコンですね。

母親の事を邪険にする人も好きではありません。どんな理由があろうとも、母親は母親として良い関係を持っている人がいいです。そんな人とだったら、結婚してもうまくやっていけそうな気がするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です